出張先でデリヘルを満喫する方法

知っておけば失敗しない出張先でのデリヘル満喫方法

*

デリノートを利用した事前調査でほとんどは解決かも

出張先で見知らぬ土地での開放感から、鬼(嫁)の居ぬ間に生き抜きでとか気分良く飲んだ後にデリヘルを楽しみたい方って結構多いですよね♪
今回はそんな方にも目一杯楽しんでいただく為に様々なことを紹介していきたいと思います。

気分良く下心いっぱいでデリヘルに電話をしたけど『そこのビジネスホテルはご案内できません。』とかで断られる場合も結構あります。
基本的にビジネスホテルは『宿泊予定者のみ立ち入り禁止』などの規約を前提にその女の子が自分の部屋まで入ってこれないという場合があるのです。
まさか宿泊予定のビジネスホテルに電話をして『そちらは風俗嬢を呼んでも大丈夫ですか?』なんて聞く無謀な方もいないでしょうし、本当は大丈夫でもホテル側は問われたらしっかり断りますよね(笑

事前にデリノートなど情報サイトでめぼしい店を調べて、『○○駅付近のデリヘルが呼べるビジネスホテルは?』などとホテルではなくデリヘル店に問合せれば一番賢いやり方なのかもしれません。
デリヘルはお風呂がある個室など洋室では特に問題ありませんが、和室でお風呂は大きな大浴場や露天風呂なんて旅館みたいな所はまず呼べません。商売だけにそういう情報は店が良い情報を提供してくれます(笑

知らぬ土地だからこそ、楽しみもあれば予期せぬ危険な店や失敗もあるだけに知っておけば失敗しない基本をこのブログでまとめていこうと思っています♪
地元と違って知らぬ土地だからこそ失敗できないし、いろいろとチャンスには限りがあるだけに楽しい出張の為にも是非目を通して置いて下さいね(笑

地方ならではの風俗の違いは結構大きくて、岐阜ならデリヘルよりソープが主流だったり、北海道の札幌では風俗の価格が驚くほどに安価で美人が当たりやすいです。
『旅の恥は掻き捨て』ということわざがある通り、楽しんだ者勝ちですので是非満喫して下さい。
そんな時に役立つツールとしてデリノートという情報サイトにも目を通しておくと問題解決につながるかもしれません。
個人的にはかなり使いやすくて写真が大きいというところが気に入っているんですが、こちらも是非参考にしてみてください。
全国津々浦々の遊びをカバーできるデリヘル情報 デリノートなら多数掲載されているお店から選び放題ですね。

ところでデリヘルの歴史というか、文化はそう古いものではないことはご存知でしょうか。
遊郭ができるよりも遥か昔の古代からあったとされています。当時は宗教的に信仰の対象といった意味でも奴隷として時代に合わせて姿形を変えながらも保たれていたと言われています。
こういったこともあり、デリヘルなどの風俗に従事する人が偏見の目で見られるというところは大きく変えられないのかもしれませんが。それでも1000年以上も前から商売として成り立っていたといった類の記述が残っているのです。

現代の派遣型ヘルスが登場し始めたのは具体的には1999年に風適法(俗に言う風営法)が改正された後といわれています。首都圏を中心に発展し、翌年の2000年以降には各地方にも飛び火してどんどんと広がりをみせ、その勢いは現在もとどまるところを知らないといった具合に勢いのある産業にまでなりました。
と同時に、競合店が増え生き残りをかけた各店やオーナーの戦略が利用客をも圧巻させているのです。デリノートのように情報サイトやホームページにいかに力を入れて宣伝効果を大きく保つかというところが、オーナー達の最大の課題でもあるかもしれません。
今までにないサービスを考えたり、他店といかに差をつけてユーザーを取り込んでいくかというところで今日のようにジャンルの細分化や価格帯の変化などが見られるようになったとえます。
これからもその勢いは止まらずに進化し続けていく産業だと期待が持てますね。
我々のようなエロスに生きる男性がいる限りは(笑

公開日:
最終更新日:2016/05/19